誤嚥性肺炎

Tagged
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

老化やパーキンソン病、アルツハイマー病といった神経疾患、筋疾患、脳血管障害の後遺症などによって、 飲み込む機能(嚥下機能)や咳をする力が弱くなると、 口腔内の細菌、食べかす、逆流した胃液などが誤って気管に入りやすくなります。 この誤嚥がきっかけとなって、細菌が肺に入って発症するのが誤嚥性肺炎です。 なかでも寝ている間に...
105 views
誤嚥性肺炎とは

誤嚥性肺炎とは

食べ物や飲み物、あるいは唾液などを飲み込むことを嚥下(えんげ)といいます。 高齢になるとこの嚥下の機能が低下して、本来なら食道から胃へと送られるものが誤って気道の一部である気管に入ってしまうことがあります。これが「誤嚥(ごえん)」です。誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や食べ物などと一緒に誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症する...
736 views