#溶連菌

Tagged
溶連菌感染症

溶連菌感染症

のどの痛み、発熱などの症状が出る「溶連菌感染症」 子どもがよくかかる病気の一つで、例年、冬季、そして春から初夏にかけて患者数が多くなります。 溶連菌とは、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、さまざまな種類があります。 一般的に、A群β溶血性連鎖球菌に感染し、咽頭炎や扁桃炎、それに小さく赤い発疹を伴うしょう紅熱といっ...
1680 views