かかりつけ薬剤師を持ちましょう

かかりつけ薬剤師を持ちましょう

「かかりつけ医」という言葉は皆さんも聞いけられるたことがあり、自身のかかりつけ医を決めている方もいると思います。 

では、「かかりつけ薬剤師」はどうでしょうか?
 
「かかりつけ薬剤師」とは、薬による治療のことや健康や介護に関することなどに豊富な知識と経験を持ち、患者さんや生活者のニーズに沿った相談に応じることができる薬剤師のことをいいます。

 
 
かかりつけ薬剤師を持つとよいこと

●薬の専門家が身近にいるから安全・安心に薬を使用できる
薬を安全・安心に使用していただくため、処方薬や市販薬など、皆さんが使用している薬の情報を一カ所でまとめて把握し、薬の重複や飲み合わせのほか、薬が効いているか、副作用がないかなどを継続的に確認します。また、複数のお薬手帳をお持ちの方には、1冊にまとめていただくような提案もします。

●薬局が開いていない時間にも薬の相談ができ、在宅医療もサポートしてもらえる
休日や夜間など薬局の開局時間外も、電話で薬の使い方や副作用等、薬に関する相談に応じています。また、緊急の場合など必要に応じて夜間や休日も処方せんに基づいて薬をお渡しします。
在宅で療養する場合も、患者さんの家を訪問して薬の説明をしたり、手元に残っている薬の確認も行います。

●医療チームのサポートを受けられる
処方内容を確認し、必要に応じて医師への問い合わせや提案を行います。患者さんに薬をお渡しした後も患者さんの状態を見守り、その様子を処方医に報告したり、残薬の確認を行います。
薬だけでなく、様々な健康に関する相談にも応じ、場合によっては医療機関への受診をお勧めすることもあります。また、地域の医療機関とも連携し、チームで患者さんを支えられる関係を日頃から作っています。

どうやってかかりつけ薬剤師を決めるとよいの?
 
まずは、かかりつけ薬局を一つ決めましょう。
皆さんが使用する薬を一つの薬局でまとめて管理すると、複数の医療機関から同じ薬が処方されていることに気づいたり、相互作用による副作用が起きるのを防ぐことができます。
また、薬局では、処方せんによる調剤だけでなく、市販薬や健康食品の取り扱いや、介護関連商品の相談なども行っています。介護の不安や心配ごとも、薬剤師が話を伺い、薬と健康に関する幅広い知識をもとに解決策を提案します。

かかりつけ薬局でふだんから薬や健康のことを気軽に相談できる薬剤師を、皆さんがかかりつけ薬剤師として決めてください。
かかりつけ薬剤師は、皆さんがこれまでに使用してきた薬のこと、現在お使いの薬や健康食品のことなどを把握して、薬による治療がより効果的なものになるようお手伝いします。

〜日本薬剤師会ホームページより〜
日本薬剤師会HP かかりつけ薬剤師・薬局のこと