未来のために「COOL CHOICE」


温暖化の主な原因は、二酸化炭素など温室効果ガスの排出です。
環境に配慮していない製品や生活スタイルの選択はさらなる温暖化につながります。

環境省は2030年度の温室効果排出ガスを2013年度比で26%削減すると目標を掲げ、
政府・事業者そして国民が一丸となって温暖化対策に取り組む国民運動
「COOL CHOICE(賢い選択)」を2015年から行っています。
 
 
 

「COOL CHOICE」のロゴマークは、
省エネ・低炭素型製品やサービス、行動を分かりやすく選択するヒントとして、
様々な省エネ商品の広告やクールビズなどの案内ポスターに掲載されています。

 
 
 
「COOL CHOICE(賢い選択)」の例

家電の省エネ化は日進月歩。
特に家庭で消費電力量の多い冷蔵庫や照明器具を省エネ対応の製品やLEDへ切り替えることは、
地球にもやさしく、月々の電気料金が下がり家計にもやさしい「COOL CHOICE」です。

そして、ついついやってしまうのが宅配便の再配達。
2015年の国土交通省の報告書によると再配達のトラックから年間42万トンもの二酸化炭素が排出されています。
時間指定やコンビニ受け取りを利用して、1回で荷物を受け取ることで二酸化炭素の排出を減らすことができます。


 
 
 
普段の生活を見直すとたくさんの「COOL CHOICE(賢い選択)」ができます。

ロゴマークや省エネ性能を示すラベルを目印に、未来のための選択をしましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)